愛知の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、愛知の行政書士おふぃすながい。迅速、丁寧、安心手続き。

愛知車庫証明・名義変更手続きセンター > 車庫証明取得手続き > 軽自動車の車庫証明

軽自動車の車庫証明

投稿日:2020/09/15

そもそも軽自動車は車庫証明が必要?

軽自動車は車庫証明を取得しなくても良いと思われるかもしれませんが、市町村によって取得しなければならかったり、いらなかったりします。

車庫証明が必要な市町村は、愛知県名古屋市全域、愛知県瀬戸市、愛知県春日井市、愛知県小牧市、愛知県一宮市(旧木曽川町、旧尾西市を除く)、愛知県半田市、愛知県刈谷市、愛知県安城市、愛知県岡崎市(旧額田町を除く)、愛知県豊田市(旧藤岡町、旧小原村、旧旭町、旧稲武町、旧足助町、旧下山村を除く)、愛知県豊川市(旧一宮町、旧音羽町、旧御津町、旧小坂井町を除く)、愛知県豊橋市の12市になります。

ただ、普通自動車(登録自動車)の車庫証明申請と異なり軽自動車の車庫証明は申請ではなく車庫証明届出になります。

また、申請よりも届出の方が手続きが簡略化されており、例えば警察の調査員による現地調査が無かったり、警察署の窓口で届出してその場で交付されることもあり交付までの期間が短い、といった審査の方法に違いがあります。申請と届出では、手続きにかなりの違いがあるといえます。

軽自動車の車庫証明取得の手順は普通自動車(登録自動車)の車庫証明取得の手順とほぼ同じで、普通自動車(登録自動車)の車庫証明取得に必要な書類の自動車保管場所証明申請書(2通)、保管場所標章交付申請書(2通)が、軽自動車だと自動車保管場所届出書(1通)、保管場所標章交付申請書(2通)に変更になるだけと考えれば良いでしょう。

軽自動車の車庫証明届出を必要とする場合

  1. 適用地域※を使用の本拠の位置として新車、中古車を購入等したとき。
  2. 使用の本拠の位置を適用地域外から適用地域内に変更し、かつ保管場所を変更したとき。
  3. 既に届出済みの軽自動車の保管場所の位置を変更したとき。
  4. 運送事業用自動車を引き続き自家用自動車として使用するとき。

※使用の本拠の位置が、愛知県名古屋市、愛知県瀬戸市、愛知県春日井市、愛知県小牧市、愛知県一宮市(旧木曽川町、旧尾西市を除く)、愛知県半田市、愛知県刈谷市、愛知県安城市、愛知県岡崎市(旧額田町を除く)、愛知県豊田市(旧藤岡町、旧小原村、旧旭町、旧稲武町、旧足助町、旧下山村を除く)、愛知県豊川市(旧一宮町、旧音羽町、旧御津町、旧小坂井町を除く)、愛知県豊橋市(以上12市)の区域にある場合です。

軽自動車の車庫証明届出に必要な書類

手数料

標章交付手数料 500円

※事務所から西三河自動車検査登録事務所までわずか15分。急なご依頼にも迅速対応です!

LINE相談・スマホ登録はこちらをご利用下さい

   


pagetop